生涯学習と母の教えと断食

こんにちは

工事の吉野です

ワールドカップ決勝トーナメント進出が決まりました。戦略的に批判がある勝ち上がり方ですが、このしたたかさが西野監督が名将と言われる所以でもあります。何度コレにやられたかわかりません(笑)決勝トーナメントに進出しましたが、16チームで一番弱いチームは日本です。現状は柴崎選手が機能しなくなったら終わりです。必死の戦いの中で、ポジティブにサッカーをすることが肝要だと思います。

先日通信制大学のスクーリングに行ってきました。

指金って便利ですね。スクーリングで使いたくなりました。何をしたのかというとテーマを決めて、その問題点と解決策をディスカッションして最後に発表するという内容です。僕のグループのテーマは『いじめ』についてです。6人のグループで幼児教育の専門家の方や、子供が不登校の方なと様々な方と作業をしました。僕はいじめられた時期から一転していじめる側に変身した経験があり、皆さん興味深く僕を観察していましたが、今じゃただのオッサンです。しかしまぁ生涯学習のエネルギーってすごいですね。80代の方がゴロゴロ在籍してました。グループ発表の時に模造紙を使ったのですが、担当の教授曰く『パワーポイントより難しいよ』。実際パワポだと無限にページをつくることができますが、模造紙1枚にまとめる作業は難しかったですね。僕は模造紙のレイアウトを担当したのですが、持ち物は15センチの定木と鉛筆です。指金があればもっと良くできたと思います。我々の仕事は一枚の板を無駄なく使うのが基本です。そのスキルを応用して、グループのみんなが伝えたい事を一枚の紙に上手く割付けできたと思います。

偶然にも今回の講義が担当の先生の最後の講義だったみたいで、ラッキーでした。充実した2日間でした。

『学ぶ』という行為は人間だけに与えられた崇高な行為です。生きるために餌場を覚える程度の学習は他の生き物でもやりますが、蛇行した川岸の面積などは人間しか考えません。人間として生れたからには学ばないのは勿体無いですね。

なぜ43才になって大学に行こうとしたのかというと、そこに母が絡んできます。前回のブログで15年間家出していたと書きましたが、母ともソリが合わず中学生くらいから我が家はケンカが絶えない状態でした。両親は理屈で事を考えるのが苦手で、僕は理屈を積み上げていかないと行動できないので、母が『〇〇さんが小学生は一日一時間家で勉強しないとダメだと言ってるから勉強しなさい』と言っても僕は『〇〇より常にオレの方が成績がいいんだから、それは納得できない。そもそも勉強は時間じゃなくて、どれだけ理解できたかって方が大事じゃないの?』と応戦します。人に言われてそれを子供に言ってるようじゃこちらも納得しません。それにしても生意気な小学生です。そんな感じでお互いに平行線のまま高校生になり、日々ラグビーに明け暮れていましたが、進学できそうになった時に母が衝撃的な言葉を発します。『大学に行かせるお金無いから』。たしかにウチの父はボーナス支給日の前日にケンカして会社を辞めたりするようなファンキーな人で常に母はお金で苦労していました。奨学金や2部なども考えましたが、せっかくラグビーをしていたので、進学とラグビーはセットで考えたかったのです。結局いろいろ考え20歳すぎまでいろいろ悩みましたが結局進学を諦めました。将来何らかの形で学ぶことはできます。そして現在妻の協力もあり、通信制大学で学べるようになりました。親と仲直りをし、大学に入ると話をしたら『アンタを大学に行かせるお金くらいあったのに』と母から衝撃的な御言葉をいただきました(笑)25年越しのギャグですか? こんな親が原因で子供の頃に苛めを受けました。本当に家出して良かったです(笑)今じゃ立派な笑い話ですが、笑い話に変えてあげる息子に感謝してほしいですね。

こんな事は日常茶飯事なんで、両親から何を言われても常にスルーする事を心掛けていますが、ただ一つ守っている母の教えがあります。父は仕事が不安定だったので、我が家は母がパートで働いて家計を支えていました。いろいろな支払いが近付くと、おかずが日増しに減っていきました。最終的に母は一人でご飯に味噌をつけただけの食事をします。『払うと約束したら、ご飯に味噌をつけるだけの食事にしてでも必ず払いなさい。』これは守っています。支払う相手にも都合があります。こちらに相手の都合を狂わせる権利はありません。珍しく理屈に合う話です。『味噌が無くなったらどうするの?』と聞いたら『その時は塩だけにしなさい』と母は言いました。僕は母の真似をしてご飯に味噌だけで食事をしました。その時の美味しさは忘れられません。独り暮らしをはじめて何度か苦しい時がありましたが、米に味噌、無ければ塩という教えを守りピンチを切り抜けました。ただ、母の教えにも穴がありました。

米が無くなったらど~すりゃいいのさ‼️(笑)

信頼していた人に何度か騙され精神的に病んで働けなくなり米が無くなる危機的状況になりました。そういうときは、THE断食です(笑)健康的な断食ではないので、断食明けは牛丼屋で大盛3杯と生卵です

結論:米はストックしなさい

――――――――――――――――――

今日の推し本

『沈黙の町で』奥田英朗

苛められいた少年が学校内で亡くなるという事件から広がる奥田ワールド。少し素直じゃない視点から描かれた地方都市の風習が、この作品を奥深いものにしています。

=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク
おすすめの記事