チームを効果的に動かすコツ3

こんにちは

工事の吉野です

リーダーシップと一言で言いますが、けっこう難しいものでして、先天的に持っている方と、僕みたいに持つことができない星の下に産まれた悲しい運命の持ち主もいます。

リーダーとはリードする人です。僕はできません。23才の時に某ファストフードチェーンで店長を任された時に色々悩みました。半年で店長になったのでスタッフからの突き上げも当然ありました。前任者は強力なリーダーシップを発揮し新店舗立ち上げから店を引っ張りました。スタッフの多くも新店舗立ち上げからのメンバーでしたので、とりあえず彼らに甘えようと決断しました。甘えた見返りに給与体系の改善に取り組みました。会社に対しては結果を出さないとお金を引っ張れないので、とりあえず営業利益対前年比15%増を半年続け、スタッフの給与増をすることができました。僕の昇給が残念な結果になり僕は会社を去る決断をしたのですが、リーダーシップが無くても責任者として結果を出せるチームを作る自信はつきました。ここで何をしたのかは一般的には特異な手法なので、論ずることは避けますが、リーダーシップは不要だと確信した事実は記しておきます。

チームを効果的に動かすと言いながら自分の体験ばかり書きましたが、結論をグダグタと今から書きます。仕事の場では特にお互いの利害が絡むので、大前提として約束と法律は守ろうということです。法律と堅苦しく言ったのは法律は皆が守ると思って行動すると信じているので、法律は最低限守らないと信頼は一瞬で崩壊します。約束も同じことが言えます。特に口約束が大切です。口約束を破られた経験がある方はそれ以前の自分の行動を見直すべきです。何かやらかしている可能性が高いです。やらかしてない自信がある方は『忘れっぽい』人だと思った方がいいです。完全無欠はジャンボ鶴田だけです。その自信がよほど強固なものでない限り危険です。最低限の信頼の土台が無ければ、その上にいくら小手先の技術を身に付けたからといって相手からしたら鬱陶しいだけでマイナスの効果しか生まれません。まずは最低限守るべき事はなにがなんでも太陽が西から登っても富士山が逆さまになっても守らなければなりません。こうやって信頼の最低限の土台ができますが、土台は所詮土台です。その上にプラス思考の信頼をコツコツと積み上げます。途方もない作業かつ終わりもなくミスも許されない慎重な作業です。それを繰り返していくうちにチームが効果的に動くタイミングが訪れます。ここで天狗にならずに仲間を的確に評価し、更に信頼関係を強固にします。そしてまたプラス思考の信頼をコツコツと積み上げます。あとはエンドレスに同じ事を繰り返します。コツはコツコツやることです。骨が折れる作業です。ここで『上手い❗️座布団一枚』と言わないようにしてくださいませ。

世の中にいろんなビジネスや人間関係の書籍等が出回ってますが、それを真面目に読んで実践しても上手くいかない方を何人か見た事があります。話を聞くと皆さん人間関係を構築する段階で大きなミスをしています。前々回紹介したT課長ですが、彼は実はほとんど仕事をしないで喫煙所でタバコをプカプカしながら携帯で競艇の情報を見ているだけです。それでも課長のチームは最大限のパフォーマンスを発揮していました。何かあった時、悩み事が発生した時に課長は人に寄り添い助けてきました。それだけは真剣にやってきました。課長の行いを見てチームを効果的に動かすには技術ではなく信頼関係だと確信しました。またそれを実践し、生産性を他所の倍にすることもできました。当然小手先のテクニックを使っていますが、何よりも土台を大切にして、日々地味なマネジメントを積み重ねた結果です。

前職ではたまに面談と称してスタッフの愚痴を聞くイベントがあったのですが、僕の面談は何を言い出すかわからないので、スペシャルメニューで上層部大量参加でした。僕が管理者になる前に『生産性を上げるにはどうしたら良いと思いますか?』と質問をしてきた方がいまして『管理者の人間性で全ては変わる』と僕は答えました。別に僕は聖人君子ではありませんが、約束を破ったり自分の利益のためだけに行動する下衆な人間よりは多少マシな人間です。いかんせん良薬は口に苦し。なかなか受け入れるものじゃありません。こういう事があったので望まぬ底辺中間管理職を押し付けられました。しっかり結果は出しましたが見返りは・・・(笑)やっぱり人間性に問題がある人と真面目な話をしちゃいけなかったんだ(笑)

そして一番大切なこと

常に本気で事にあたれ

どんなに卓越した技があってもコレができなきゃ何も始まりません。その積み重ねが大局観へと繋がります

---------------------------------------------------------

今日の推し盤

THE MODS『叛REBEL』

伝説の『雨の野音』から9年後。いつも以上に強いメッセージを放つアルバムです。

よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事