こんにちは

工事の吉野です。

先週ラガーマンに復帰しました。

が、しかし、44才です。体力の低下は否めません。兎に角走れません。

写真は3対3のスクラム練習です。僕は本職のポジションである右プロップの場所に入りました。悲劇はここから始りました。ルール変更により組む前に手を入れる位置が変わり、オッサン戸惑いすぎました。そして組んだら足がプルプル震え自主規制してスクラム練習を止めました。

スクラムとは何か?と問われたら僕は頭脳だと答えますが、それは力があってこそですね。必要最低限のプレーに対するパワーを復活させないと試合に復帰できないので、その為のトレーニングを考えないといけません。なるべく家庭に負担をかけず(笑)

スクラム戦において一番必要な事は、とくに右プロップではスクラムの安定です。安定させた上に相手左プロップを不利な状況に追い込めれば申し分ないです。相手左プロップにとって不利な状況とは後ろから来る力を相手に伝えることができない状況です。そのために右プロップは相手の頭が入りづらい状況にし、相手右肩とスクラム本体が接しないように追い込みます。そうやって相手の力を削ぎ、自分たちの力を最大限に発揮させるようにすると『良いスクラム』になります。

僕のポジションは他も同じ事が言えますが、いろいろと厳しいポジションなので、役に立つようになるにはトレーニングをしなければなりません。トレーニングするにしても汗をかいたら洗濯が増えて負担になるし、できれば車を安全運転しながらバッキバキの筋肉になるようなトレーニングメソッドがあればいいんですけどね。そんな甘い話は無いんだよなぁ。

たぶんどのポジションの人も言うかと思いますが、自分のポジションが一番楽しいです。僕は右プロップが一番楽しいですね。そしてラグビーは楽しい。

よろしければポチッとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

=============================

株式会社高木


横浜市神奈川区平川町22-5


TEL045(481)3725 FAX045(481)3625


本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp


金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp


金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info


=============================

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事