こんばんは。事務の静です。

 

先日、こんな映画を観に行きました。

「安心・安全な食べ物が安く手に入らないなら、空き地で作っちゃえばいいんじゃない?」
と、アメリカ西海岸のベイエリアで、安全で新鮮な食べ物を手に入れることが困難になってきた都市部に住む一部の人たちが、ほんの思いつきで始めたことが共感を呼び、いま、世界に大きなうねりを生んでいるそうです。

ゲリラ農地という言葉を使っていましたが、都市部にある空き地に許可なく勝手に農作物を植えちゃったってことですね(^^;
いわゆる不法侵入、不法占拠??
あまり過激なことをやっているように感じられませんが、やってることが農業だからでしょうか。。。

一人一人の小さな活動も、束になればコミュニティを動かす力となり、社会に楽しい変化をもたらす。
そんな草の根ムーブメントの過程を実感できるドキュメンタリー映画です。

食という誰にとっても身近なテーマを通じて、格差や貧困、犯罪、教育、政治、環境など、 関連するさまざまな領域にも、目を向けるきっかけとなるような映画でした。

 

「人は食べたものでできている。」

「食べ物変えると運命変わる。」

そんな風に言われるくらい、食べるものは大切なものです。

正直、若い頃は食べ物のことなど無頓着で、深く考えることなく過ごしてきました。
あるきっかけで食べ物などを気にするようになったのですが、今思えば、食を気にし始めたことと、実家をどうにか残したい。自然豊かな環境と田んぼや畑を残したいと思い始めたことは繋がっているように思います。

栽培から食卓までをトータルで体験することは、究極の食育だと思うのです。
革命と言えるような大したことをしようとは思いませんが、高足ファームでやりたいことの一つであることは確かです。誰かが何かを感じてくれるきっかけになればいいなとささやかながら思います。

 

私がこの上映会に行った目的のもう一つは、岡本よりたかさんの講演です。

岡本よりたかさんは、無肥料栽培家・環境活動家としてさまざまな活動をされている方で、以前から一度お会いしてみたかった方です。
横浜でも無肥料栽培のセミナーをしていますので、機会があればと思いつつ、なかなか参加する機会がありませんでした。

福岡正信さんの「わら一本の革命」という自然農の本を読んで、強い衝撃を受けてから、無肥料無農薬栽培、自然農への興味はムクムクと大きくなるばかりです。

今回の講演は上映会の+αといった感じでしたので、また改めてゆっくりお話を聞きたいなと思います。

近年、種子法に関する情報がいろいろ飛び交っています。
勉強しなきゃと思いながらできていないので、この機会に↓この本を買ってみました。
まだ全部は読んでいませんが、知らなかったこと、興味深いことがいっぱいで面白いです!

自然の営み、命の営みは、本当に素晴らしい!

ミーハーな私は、ちゃっかりサインしてもらいました(笑)

 

 

 

 

 

よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事