また会う日まで

代表の佐藤です。

 

先日、恩師が旅立ちました。48歳でした。

気骨があり、筋の通らないことを許さない人でした。
そんな人でしたから、彼を好きな人と同じくらい嫌っている人もいました。
それでも通夜の際には、関係が離れていた「実は会いたくても会いにいけなかった」といった人たちが訪れ、話すことができました。
佐藤も一時、正直彼と対面することが辛い時もありました。しかし非は自分にありましたし、また妻という緩衝材がいたため晩年はなんとか関係を修復することができました。

気難しいということはなく、むしろすぐに打ち解けてくれる人柄で、人に好かれやすくまた人を好きになる人だったと思います。
それゆえ、「かわいさ余って悪さ百倍」、筋の通らないことをした人への当たりが強くなり、その当たりの対象の人も好きだったゆえにその当たりに耐えられなくなってしまい「嫌いになる」という選択をしてしまったのではないかと思います。

佐藤は不出来な弟子でした。
聞けば良いものを、動作や言葉の端々から目で盗み耳で盗み、追いついたかと思えばその先の深さや広がりを見せつけられました。
聞いておけば良かったことがたくさんあります。それでも残してくれた色々なものからじっくり盗んでいくことにします。宿題がたくさんあって参ります。

 

とにかく勝ちにこだわる人でした。1位でなければ2位だろうと最下位だろうと価値は同じだと言っていました。

人生はすごろくのようなものだ、と古代ローマの詩人が言っています。

彼は人生のすごろくを勝ちにこだわり駆け抜けたのだと思います。
なぜなら彼の寝顔はとても穏やかで、口元はニヤリとしているようでしたから。
佐藤はなかなかヒキが悪いので、3歩進んで2歩下がりならまだしも、ふりだしに戻るを繰り返しますが、最後はニヤリと上がりたいと思いました。

よろしければポチッとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

=============================

株式会社高木


横浜市神奈川区平川町22-5


TEL045(481)3725 FAX045(481)3625


本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp


金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp


金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info


=============================

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事