皆様こんにちは

菅野です

梅雨入りしたわりに雨が少なくて暑い日が続いていてますね


今日の推し盤

【curtis mayfield/curtis】

1970年リリース

60年代インプレッションズのリーダーとして活躍したソウルミュージック界の巨人カーティスメイフィールドのソロデビュー作であり代表作と呼ばれる1枚

アルバムジャケットも格好よろしい

お気に入りはシングルカットもされている

『move on up』

(CDだと5曲目?アナログでB面の1曲目)

印象的に繰り返されるホーンのフレーズ

カーティスのファルセットボイス

リズミカルなギターカッティング

コンガの乱れ打ち

そして単純明快な歌詞

素晴らしいです

高揚感ってやつですかね

聞くたびにワクワクさせられます

ロック畑の自分がソウルやファンクミュージック(アルバム単位でなくて曲単位)にたまに引き込まれてしまう時、決まって自分の中へでお約束みたいのがあります

★ある程度歪んだギターが堂々と主張し鳴っている事

★好きなロックバンドがカバーしていた事(先に知ったり、後で知ったり)

この二点が大体当てはまります

ですからそんなにソウルミュージックに詳しい訳でもないので本格的なソウルバーなんかに入ってしまった日にゃ

「???」となり頭抱えてしまう事もしばしば

まぁそこで自分のビジョンやロックンロールミュージックとソウルミュージックの共通点やらを語りあうのも楽しいものです

「あの曲のミックジャガーの歌いっぷりってすんげえカーティス意識してますよね~」

「へぇ~何て曲?」

こんな風な会話で取り繕うのです

それではまた。。

=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク
おすすめの記事