遊びと仕事の境界線

代表の佐藤です。

先日、横浜市都築区の某所にてミーティングという名の遊びをしてきました。

いい大人の経営者や団体の運営者が集まると遊びそっちのけで経営・運営の話になるという、、それも含んでのお楽しみという感じでしょうか。

そういう意味で、ゴルフが紳士のスポーツ、社交場として扱われるのもよくわかります。
終日ワンユニットで行動を共にする中で、振る舞い方や言動から人となりを見ることができるということなのでしょう。

上手になればなるほど余裕ができるようになり、より紳士的に振る舞うことができるようになりますので色々有利そうです。

ということは実際には「人となり」とやらは「技術で隠せる」ということでしょうか(笑)

しかし、その逆は無いような気がします。

技術で、すでにあるものを整えることはできても、無いものを作り出すことはできないのではないでしょうか。

技術系の会社で「今までに無いものを技術の力で作る」的なフレーズを聞くことがあります。
でもよくよく中身を見ると、技術以前の「アイデア」がまずあるのです。

そのアイデアとは、「これでアイツを出し抜いてやろう」とか「これで一儲けしてやろう」ではなく、何かの問題を解決することだったり、大きく言ってしまえば「愛」があることが必要です。

ルネサンスの彫刻家ミケランジェロは、大理石からダビデ像を作りだしているのではなく、ダビデ以外の大理石を削り落としているんだ、と言ったそうです。

削り落とした先に何が残るのかが大切ということですね。

TOP画像はミーティングの会場です。

かっこいいなぁ・・・
うーん、弊社の倉庫もこんな雰囲気にしたい!

あ、中身が大切なのでした(笑)

 

よろしければポチッとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

=============================

株式会社高木


横浜市神奈川区平川町22-5


TEL045(481)3725 FAX045(481)3625


本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp


金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp


金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info


=============================

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事