みなさま、こんにちは。北川です。
お施主さま各位の工程表がやや後ずれしております。
天候ゆえになにとぞご容赦くださいませ。
いましばらくお待ち願えますでしょうか。。
さて、今週のお題は料理です。
みなさんは普段、ご家庭で料理をされますでしょうか?
多忙な現代人は食べる時間も短ければ食事を作る時間も限られます。
雨天が多いとUBER・出前館もさぞや盛況かと思いきや、晴れの日よりライダーを多く目にするわけでもありません。いまや晴れの日も毎日盛況ですね。
わたしは毎晩料理をつくるわけではないのですが登板日はきまっており、事前に偏食の倅に確認したメニューをつくります。
小学生の意見、考えはころころ変わるものでかつ実に飽きやすい。
おなじく偏食の家人の影響大です。
給食で苦手なものはない、というのが不思議なくらい文句が多いのです。3歳児くらいでとにかくご飯をたべない、という苦悶の訴えをむかしよく聞きましたがいままた蘇る感。
5歳くらいのころは、ヒジキや切り干し大根が滅法好きで用意するご飯はなんでも大人とおなじものを食べていた時代がなつかしい。
当時は作り置きお惣菜に凝っており、お弁当にも流用できる品2-3種を冷蔵で大量に作って消費していました。
そんな蜜月は過ぎ、メニュー苦吟の日々。
最近は、生姜焼きやステーキ的な挽肉以外のメニューを好む傾向もあり、多少調理のプレパレーションが楽にはなりました。
見た目で食べられる、そうでない。と勝手な判断をするので事前に写真と味付けの説明をして了解をとらないと無駄骨です。
写真のように完成できなかった場合は、、仕方ありませんな笑
まるで天皇の料理番です!
玉ねぎ、なす、きのこ、ゴーヤはNG
きゅうり、キャベツ、レタスはOK
お肉も硬く焼くとたべない
チキンは筋や皮を外す
カレー、炊き込みご飯はNG
いやはやカレーを食べたくない日本人をはじめてみました、、
料理、特に家庭料理は凝ったものは除外して飽きない早くつくれるものが王道です。
ところが出汁を生かす和食を控えろ、洋風味付けしか基本食べないときた倅の場合、味噌汁で趣向をこらすしかありません。暮しの手帖愛好家としては基本お惣菜は封印です。
なぜか味噌汁は中身がなんであれ文句をいわないのです。助かります。
とくれば、土井善晴先生の提唱する一汁一菜を多用するしかありません。
粗食+肉のたんぱく質
味噌汁の塩分が高血圧を招くとかつていわれましたが、お漬物・塩じゃけなども常備していたせいかと。
味噌汁のみなら一食5gくらいではないでしょうか。
料理をかんがえて食べさせるのは苦でもないのですが
食べたいメニューを言いなさいというと、なんでもよいと返答されるのがなんぎです。
実家の母もサイコロの出た目でおかずを決めてよいか、飯炊きばあさんはその通りつくるで。
昔そういっていたのを思い出しました。
食べるだけの人は希望メニューを極力早めに申し出てほしいものです。
以上、献立を考えるのは次第に飽きてくるの巻でした。
毎度拙文ご精読ありがとうございます。
説明がありません
よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事