こんにちは

工事の吉野です。

かれこれ30年ばかり剃刀負けに悩まされています。平成とは剃刀負けの時代です。令和の時代に向け僕の顔から剃刀負けを払拭するべく立ち上がりました。剃刀負け研究会 深剃り支部の吉野です。

剃刀負けの原因は、シェービングの際に発生する見えない小さな傷に雑菌が入ることによる炎症といわれています。要するに傷を減らして殺菌すればなんとかなるわけです。

そのために必要な手順を作業前、作業中、作業後に分割すると、作業前は洗顔し元からいる細菌を減らし、ヒゲに水分を与え柔らかくする。床屋さんの蒸しタオルが理想的ですが、仰向けだからこそ乗りますが、座ってたり立ってる状態だと難しいです。そのため洗顔時にしっかり長めに流し水分補給をさせるようにしています。

ヒゲを剃る前にシェービングクリームなどを塗布しますが、肌質等の相性があるので、個々に違うと思います。また剃刀も個々に違うかと思います。僕は

この組合せが僕にとって今のところベターです。

ベストチョイスを望まず常にMORE betterの選択をするのがポイントです。最近は使い捨てタイプの剃刀を各社で安く出しているので、たまに挑戦してみて結果を確認する楽しみがあります。ジェルには滑りを良くする他に水分を維持し、多少の殺菌性能を望んだ感じです。鼻の下にも塗るので匂いも重要です。海外製品で匂いがキツい製品を使って大変な事になりました。

剃り方も重要です。僕は肌が弱いくせに逆剃りで深剃りが好きなので、肌のダメージが大きいです。しかし深剃りの快感は捨てられません。深剃り後の肌を妻に触らせると喜ぶので更にやめられません。

作業後(春から秋)にはこれです。エタノールが入っているので殺菌性能があります。

ここまでやって剃刀負けは週に一回くらいになりました。昔は毎日だったのに成長しました。電動でも剃刀負けが起こるし、更に剃り味に不満がありました。しばらくはこの手順とアイテムで剃刀負けと戦いたいと思います。

よろしければポチッとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

=============================

株式会社高木


横浜市神奈川区平川町22-5


TEL045(481)3725 FAX045(481)3625


本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp


金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp


金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info


=============================

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事