こんにちは 工事の吉野です。 台風被害の工事を順番にやってます。いつかは出来ます。人手も時間もフル回転させてます。 ラグビーワールドカップでは日本がスコットランドに勝ちました。ざっくりと試合を解説すると『スコットランドはよく日本を研究して頑張った。日本はよく我慢して勝った』です。我慢だけでは勝てませんが、わかりやすく言うと我慢でしょうか。 日本は相手とぶつかった時にラックを狙う場面が多いです。ラックは密集プレーにおいて、ボールが地面にある状態です。
ラック
ラックの利点は素早い球出しができること、止まった場合は球を持ち込んだ側のボールでスクラムになる、モールより少ない人数でラック形成となり、早いタイミングでオフサイドらいんができる事です。 意図的に前進してラックにすることで、相手ディフェンスラインを下げる事ができます。オフサイドラインより前にいる相手選手はプレーに関与してはいけないので、瞬間的に数的優位に立てます。 ここで何度もフェイズを重ねジワジワと相手を後退させ、空きを見て突破を図ります。しかし相手も黙って下るわけにはいきません。 スコットランドが特徴的だったのはボールを地面に押せずに奪い合う状態にしたことです。もう一人日本チームの選手が入らないとモールにならないので、日本チームのフォローがくるまではオフサイドラインが無い自由な時間です。好きなだけ奪えますし、モールが止まったらボールを持ち込んでいない側のボールでスクラムです。ボールの争奪戦で優位に立てます。 さすがにコレはキツいですが、リーチマイケル選手
頼れるキャプテン
を中心によく頑張りました。 試合途中に修整したみたいで、密集の形成の仕方が変化していました。
よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事