みなさま、こんにちは。北川です。

 

本日は天皇杯、Jリーグ等々は差し置きまして

今週末から個人的にとても重要な1本の映画が

USの4館でプレミアロードショー封切りとなるため

そのはなし。因みに全米公開はクリスマスです。

 

そして

主演のアラナ・ハイム(上記画像左の女性)に纏わる

彼女の本業である

Haim(ハイム)という私が愛してやまないバンドについても

その魅力を精緻にお伝えしたいとおもいます。

 

 

まず映画のはなし。

 

本稿タイトル licorice pizza が映画題名です。

 

PTアンダーソン監督作品。そのむかしブギーナイツという

ハリウッドを舞台にした成人映画業界の栄枯盛衰ストーリーを

映画化した才人です。デビュー20年来敢えて外れなしと断言いたします。

 

内容詳細は日本公開時に配給よりプロモートされるはずなので

ここでは簡単に釣書き、製作経緯の概略をご説明します。

 

映画そのものは70年代アメリカでの青春ラブストーリーです。

話題はなにより、バンドで有名になったハイムの三女(末っ子)を

主演として初の役者登用したところ。

故フィリップ・シーモア・ホフマンの遺児である

クーパー・ホフマンの出演。

ショーン・ペン、トム・ウェイツの助演。いいですね!

 

※ご興味或る方はUAのスペシャルサイトをGoogle翻訳で

ご覧いただければとおもいます

https://www.unitedartistsreleasing.com/licorice-pizza/synopsis/

 

 

じつは、映画監督であるアンダーソンはバンド・ハイムの

ビデオクリップを5本くらい過去に製作しており

その10年に渡るつきあいからアラナ起用での本作製作を

おもいついたということらしいです。

 

なにしろバンドしかやっていない女性を90分の映画主演に

するところ、演出もアンダーソン本人ですがどれほど

撮影に時間をかけたかは気になるところです。

役者未経験者をいくら可愛いといえどミュージックビデオの

10倍以上の尺で台本を覚えさせ演技を指導するのは並大抵では

できないものです。

 

気になる映画のオチなどはそのうちGQほかでレビューされると

おもいますので気長に待ちましょう。。

 

 

 

 

それでは論を移しまして

今回のメインイシュー Haim(ハイム)なるバンドについて

ご説明します。

 

アラナ・ハイムが所属する姉妹バンド ハイムは3人とも実の家族です。

カリフォルニアのかしまし娘。

 

 

 

Diese Woche in der Musikwelt - Haim über Sexismus und Moby will Platten loswerden

 

 

左から

アラナ・ハイム(Gt、Kb、Per、Cho)

ダニエル・ハイム(Gt、Vo)←次女 メインのソングライター、ボーカル。SG使い

エステ・ハイム(Ba、Cho)←長女 身長182㎝。若年性糖尿病の32歳

姉妹で顔が似すぎないのが絶妙です。ステージ立ち位置はつねにこの順番。

 

日本のGlayとおなじくドラマーは元からいません、しいていえばデビュー前は

お父さんが務めていたとのこと。

上記はイギリス レディングフェスでの熱演のようすです。

 

とにかくライブがめっさ強いバンドで、演奏が一切乱れないのに驚嘆します。

RECとかわらない安定したピッチ、ハイテンションは

地元カリフォルニア コーチェラ(フェス)でも絶大な人気を誇り

3年前は2日目の大トリを務めました。野外フェスで実に映えます。

 

コロナ渦中、ツアーキャンセルによりRECにスケジュールを切替えた彼女たちは

昨年6月、新作アルバムをリリース 見事UKチャート首位を飾りました。

(経緯存じませんが 彼女たちはポリドールUKとレコード契約をしており

ヨーロッパでもプロモート/ツアーサポートされています。アメリカでは

アライアンス先であるコロンビアがディストリビュート中)

 

アップルやスポティファイなどサブスク配信で検索すると

ハイムは「インディロック」なるカテゴライズをされています。

いまや押しも押されぬスターですがスタジアムツアーよりも

キャパ3000-5000くらいの箱でコロナ前はツアーしていた模様。

アメリカ国内であまり田舎のちいさいライブハウスは使用しません。

 

ちなみに音楽性でいうと70-80年代のUSロックの影響大ですが

おおむねメロディがとてもキャッチ-です。非常に明るい曲がおおい。
テイラー・スィフトとのコラボもかつてありました。

基本としてLA郊外の自宅スタジオで曲作りとREC、リハをしています。

いわれてみると西海岸的な能天気さが根底にある気もしますね、いなたい。

 

 

ヨーロッパでもポリドールのおかげで人気はあり

2018のリスボン(ポルトガル)ライブはいまだにユーチューブ配信されており

約60分の熱演をごらんになれます。およそキャパ1万人くらいにみえます。

4年前はフィンランドまで隈なくまわってました。

写真をご覧のとおり、機材がアナログばかりなのでロジには気を遣うところです。

https://www.youtube.com/watch?v=vlMqr9pEl70

 

音楽以外での

彼女たちの特徴として、モード界との結びつきが挙げられます。

2018年くらいまではスタイリストがついており

リスボンでのステージ衣装をみるとわかりますが、かなりおしゃれ。

毎年パリコレでの招待セレブとして、メディアを賑わせます。

アメリカ人のバンドとしてはじつに異例。

これらはインスタグラム等で日々発信/シェアされ続けており、すなわち

毎日プロフォトグラファーが撮影しているみたいです。

なぜかつねに全員ノーブラ笑で、冒頭映画のポスターをみるとわかります。

まったく気にしてないですねぇ、、、

 

 

とまあかたちからはいると、以上のような文字情報になるのですが

 

音楽そのものは、70sロックすきなお父さんの影響大とのことで

いまの40代以上のおじさんたちにも十分ウケる要素大

かなり演奏もこなれてるのに驚きます。10代で相当練習積んだんでしょう。

 

この5年くらい、はじめてDon‘t save meを聴いたときから

こころを鷲掴みにされたままです。Tシャツも空輸購入したくらい。

立派なおじさんの証拠でしょう。

ただしこれが欧米の20代男女にもウケるのはリヴァイバルが一周廻って
新鮮に感じる、インパクトと楽曲のよさ、歌唱のよさが染み入るのかと

おもいます。一過性ではない短期消費されない音楽。

いまどき配信再生に拠らず、先述ニューアルバムもアナログ、カセットテープまで

全メディアでリリースしたところにロックのふるいフォーマットを好む

独特のセンスがうかがえます。そこがまた大好きですね。

ユーチューブチャンネルで、ビデオが20~30本はありますので

お時間ある方はぜひごらんになってみてください。

 

COVID-19ワクチンの恩恵で続々いろんなバンドの

ツアー再開もききますが、おそらく2015年くらいの来日が最後なので

来年こそはサマーソニックで度肝ぬく圧巻のステージを拝観したい。

この2年そう熱望しております!!!

 

 

 

以上、アラナの映画のはなしにかこつけたハイムのご紹介でした。

毎度拙文ご精読をありがとうございます。

 

 

HAIM / ハイム商品一覧|ROCK / POPS / INDIE|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

 

 

 

 

 

よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事