兄弟が姉妹になってしまうんだから、機械が人間になったって良いじゃない

代表の佐藤です。

先週末、待ちに待った新作マトリックス「MATRIX RESURRECTIONS」観てきました。

佐藤はマトリックス大好きオジサンでして、以前も取り上げてます。

早速の感想ですが、

うーん、、、

なんというか、、、

うーん。

です(笑)

 

多分、また3部作にするつもりなんじゃ無いかな?と思いました。

「今回はここまで!」
「待て次号!」

というラストでしたし、以前のシリーズを「あの!伝説の!ネオ!」みたいに丁寧に描きすぎ…人によっては、「マトリックスオタク向け」の「今回のこのシーンは前シリーズのあの時のあのシーンのアレを模倣して…」のようなアングラ映画、自主二次制作モノだと酷評の対象になっているようです。

駄作!

と切り捨ててしまうこともできますが、佐藤はマトリックス大好きオジサンですので、もうちょっと考えてみました。

ここからは完全に佐藤の妄想です。

前作マトリックスにおいて、やはりラストはどう解釈してもマシン側の勝利です。
相変わらず人はマシンが養殖している状態です。

ある種の、人間の機械部品化というのは既定路線です。
人間が機械側に寄っている世界。

前作よりも、人体側の接続プラグの描写が凝ってました。
劇中の時間的にもやはり10年ほど過ぎているので、より機械化が進んでいるのかも知れないですね。

しかし、マトリックス世界から「目覚めた」人間を無差別に攻撃対象にすることはなくなりました。
「現実」でも人類と共存する「機械生物」が描かれています。
(もちろん、マトリックス世界を「荒らす」侵入者を排除するエージェントは機能しています。)

それは歴代「救世主」とは違う「変異種のネオ」が、とはいえ「いつもの通り」マシンと融合することでマシンAIの大幅アップデートが行われたためです。

なんとあのエージェント・スミスが今シリーズ(あえてシリーズといいましょう)で味方風味です。
そしてキャスティングも、無表情で冷酷なミドルから、表情豊かな若者に変化しているのです。

これらから察するに、前作がマシンへの人類の反撃劇だったのに対し、今回はマシン側の人間化、ある種の融和のようなものへ向かいたいのでは無いかと。

そもそもネオもトリニティも・・・おっとネタバレ注意。

前作では監督はウシャウスキー「兄弟」でしたが、同一人物がウシャウスキー「姉妹」になってしまいました。

そういった経緯からも、使い古された言葉でいえば「ボーダーレス」な世界を描きたいのでは無いかと感じました。

「わたしたちは元男だけど、今は女になったんだから、機械が人間になったって良いじゃない」
という。

おそらくMATRIX RESURRECTIONS 2ではトリニティが主人公で、ネオはオマケです。

2があれば、ですが。

よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事