みなさま、こんにちは。北川です。
春先4月にもかかわらず雨天が多いですね。
単発の工事スケジュール調整になんぎしております。
5月こそは毎日皐月晴れを願っています。。
さて
世の中はまもなくゴールデンウィークを迎えます。
連休で人々の往来が増え、またも「まん防」施行かとおもいますが自衛するしかありませんね。
学生時代、GWといえば毎年合宿で練習していました、おもに伊豆方面施設に泊まり込みで。
かつて水泳部所属(競泳)の選手であったからです。
界隈ではGW空けからシーズンイン、新人戦や草レースがあり、故障者と調整中の選手以外は毎週末7月まで転戦します。
きょうは合宿にまつわる個人的な雑感のはなしをします。
わたしの卒業した大学では、学校およびOB会からの資金援助はおもに普段の朝練習で借りる品川区某スイミングの支払い原資としてしまうので、合宿参加者は各個人で費用負担していました。
わたしはたまさか長く渉外役員でしたので、施設とスケジュールや費用の交渉・予約・支払など担当しまして、部屋割りをしては遠足のようにしおりをこさえ配布したりなど雑務もありました。
コーチや監督、MGRなどスタッフ含め50人に満たない規模でしたが、現地集合解散とし交通費も自己負担ルールで各位負担金は1週間およそ5万円くらい。集金も当時は現金でしたのでおつりがめんどくさかった。
部予算で賄えない以上、仮に遠隔地だと時間費用もかさむため伊豆が多かったわけです。
毎年2回100名でハワイ合宿をおこなう日大のマネージャー長、主務の苦心たるやいかばかりか。
伊豆に行くと毎日2回練習で1万mくらいおよぎ、毎夜バンテリンを全身に塗り、最終日前夜以外は飲酒もせずにサティアンのような暮らしをおくります。1週間後下界におりるころには景色の変わる思いがします。
競泳競技はリレー以外個人種目なため、むかしはワガママな選手が多かったもので、どこのチームもキャプテンは役損でした。
寮生活をしていないせいもあり、若者のミーイズム、人間の好き嫌いをみな隠そうともせず、悶着を4年生がたしなめたり、キャプテンも戦力維持以外に部員同士の不和に頭を悩ますことは多々ありました。挙句新人が辞める辞めないとかまるで会社のようです。
そんなけして仲良くはない旅団が合宿で、1・2年生は雑務をこなしつつ晩御飯のあと寝るまではしょうむない話をして、束の間寮にいるかのようなワンチームを満喫します。
ある年、伊豆熱川でキャンプをはったのですが2日目か昼食のあと午後練まですこし休んでいると。
ちょうどF1イタリアGPをテレビでみていたら、アイルトン・セナが接触で事故死してしまいました。
事故の瞬間は死亡か不明ですが、間違いなかろうとしか思えず。フジ実況で有名な川合さんも絶句していたような、、、
人気実力絶頂のスーパースターが、一瞬で突然この世からいなくなるとは。しかもまだ30代
啞然として午後練をこなしたのを記憶しています。
晩御飯をたべているとコーチから、てっちゃん元気ないやん、といわれましたがまさかセナのせいとも言えずお茶を濁しました。友だちたちとテレビを観ていて、有名人の死を見届けるライブ体験は生まれてはじめてで、大層驚いたのは間違いありません。国民的スターの死に接し祖国ブラジルでは大統領も嘆き悲しんだと聞きます。
おもえば、仲がよくない20歳そこらの若者たちが不可能を可能にするため寝食ともにし40名くらいがひたすら苦行に耐え=練習に集中するとは(仕事や訓練ではなく)学生ならでは、競技選手ならではの行為であったなあとしみじみします。献身的なマネージャーたちのはたらきも今考えるとボランティアより尊い。当時は自分のことばかりみな考えてましたが、学生だから執心できる事なきがします。
ちなみに防衛大の選手たちは給料をうけとっていたので、レースは目標タイムを切る訓練。練習の追い込みがはんぱないそうです。伝統的な光通信方式の完全な仕事ですね。
わたしのいたチームで当時長距離の選手だった後輩Sくんは、在学中トライアスロンのユニバーシアード代表になり卒業後競輪学校にうかってプロレーサーになりました。S級まで昇格し立派に活躍したのち、40手前に準地元の花月園で引退しました。G1決勝まではさすがに辿りつけませんでしたがG3優勝はあります。
4年くらいまえ、Sが佐賀から月島の同期の家へ遊びにきた時わざわざ連絡をくれ会食しましたが、かわいがっていたSが食事しましょうと慕ってくれるのはいまだにうれしいものです。
伊豆でこてんぱんにしてくださった白井コーチもいまや監督になられましたが、十年一日のごとくFBメッセンジャーで 社会人としてのわたし相手に真剣な会話を展開してくれます。学生スポーツの優れた指導者は、どんな教え子にも愛情を欠かさないと知ります。今の学生たちにも、けして偉そうなことをいわず優しく声をかける姿は名伯楽そのもの。
白井監督の同級生(O牧師。ふたりは付属高校出身)がわたしの結婚式の司式をしてくださったことを監督から最近教えてもらったときは実にびっくりしました。
GWはこんななかまたちと、がやがやブー垂れながら山の中まできてひたすらプールで水の抵抗とたたかっていましたが、全行程がおわり帰りの移動で聞くアルバムは大抵映画アイズワイドシャットのOSTでした。後年、いみじくも出張の帰り寝過ごさないよう欠かせぬBGMとなったのは皮肉なことです。
以上、GWと聞くと「合宿のハードワーク・アイルトンセナ・移動中のサントラ」のコンボが思い出として必ず蘇る、の巻でした。
毎々拙文ご精読をありがとうございます。
アイルトンセナ」のアイデア 170 件 | アイルトンセナ, 自動車レース, メルセデスamg f1
よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事