分析官の観光はめんどくさい
來宮神社樹齢2000年の大楠の大樹

代表の佐藤です。

先日熱海に遊びに行きました。
とある先輩のYouTubeチャンネルで熱海探訪していたので、それを追体験です。

小雨が降っていたためか、道中は空いていましたが、天気が悪い中熱海はまぁまぁの人出でした。

トップ画像は、來宮神社の樹齢2000年の大楠の大樹を拝む妻。
この大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば願い事がかなうと言われているとかいないとか。

そんな事より、職業病といいますか・・・

幹が折れてしまったところを金属板(おそらく銅)で覆って保護していました。

多分、折れた断面にはガム状のなにかで樹液が出てしまわないようにしているはず。

職業病というか癖(へき)ですね。

ついつい”分析”してしまいます。

 

神社社殿の屋根といえば古くは茅葺き、近代になって銅板が主流になっていまして・・・・

曲面だらけなのに見事なものですね~

やはり建物の外装は金属が最強で最良の選択かと!

よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事