t.m.racers始動!

代表の佐藤です

 

先日、袖ヶ浦フォレストレースウェイ(http://www.sodegaura-forest-raceway.com/)でWithMe(http://www.withme-racing.com/)主催による草耐久レース「第16回マル耐」に参加してきました!

このレースちょっと変わっていまして、タイム計測器をリレーする形でマイカーで走行するという方式です。
ピットインしたら別のマシンに乗り換えていた初期のフォーミュラEをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。
ですのでピットは参加車両で溢れかえり、チームによっては4台も5台もピットにいるようなことになっていました。

佐藤はidlers12H耐久参加のレースマシン、旧ARD Driving School 現t.m.racers HONDA AP1 S2000に搭乗。
この車両は毎年100台近くエントリーする国内最大級草レースオーガナイザーidlers(https://www.idlersclub.org/)の夏の12H耐久で常に総合5位圏内にいた車両です。

今回チームARD Driving School時代のオーナーからチームt.m.racersが車両と作戦本部とピットクルーごとまるっと譲り受けましたが、ドライバーは佐藤以外ほぼ一新のため、新規ドライバーが車両に慣れることと作戦遂行上の各種作業の確認のために今回お手軽な感じのマル耐へのエントリーとしました。

レースが変われば作戦すべてが変わって来ますので、レース自体の結果は求めません。

他チームは車両自体を変えるため常に全開走行可能ですが、idlers向けの作戦は燃費にシビアにしていますのでとにかくレーシング省燃費ドライブです。

また、他チームはタイム計測器を付け替えるだけで出ていくにも関わらず、うちのチームはidlers仕様のピットワーク!
30秒以内にドライバーの乗り降りと無線の繋ぎ変え、無線導通チェックを行いコースに復帰させます。
さすがに慣れないドライバーは少しもたつきましたが、概ね良い動きでできました。

 

結果として、トップ画像のようにクラス3位総合10位!
主催のWithMeさん、良いテスト環境をありがとうございました。

まだ課題はありますが、基本的に結果の出せるチームです。

ARD Driving School(https://www.arddrivingschool.com/)の生徒さんからのドライバー登用なども予定しております。ご興味があれば参加してみてはいかがでしょうか!

よろしければポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
=============================

株式会社高木

横浜市神奈川区平川町22-5

TEL045(481)3725 FAX045(481)3625

本社HP:https://www.kk-takagi.co.jp

金属外装工事Feat.:https://feat.kk-takagi.co.jp

金属外装ドットインフォ:https://www.metal-gaiso.info

=============================
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事